Chrome 64は正規表現の名前付き広報参照(capture)をサポート

let re = /(?\d{4})-(?\d{2})-(?\d{2})/u;
let result = re.exec("2015-01-02")

<...>で囲んだ変数名に、(...)でマッチした文字列が入る。整数型にはならない。例文がなぜ2015年なのかわからない。変数名を使うようになると正規表現の記述が長くなるので /x が欲しくなる。まだか。