つれづれ日記
Morninカテゴリ 1/1
カーテンを自動開閉するmornin' (2016-10購入)で、カーテンを開く途中でカーテンレールの真ん中あたりでタイヤがすべって進まない。 mornin'のタイヤはレールに接触して回転していたが、空転していた。どうやらカーテンレールにぶら下がる、カーテンをぶら下げて移動するランナーがどこかでひっかかっているらしい。

IoTというけれど、結局は機械の保守がたいへんなのだった。めんどうくさい。

いちおう、カーテンレールにランナーが当たるであろうあたりを、ティッシュペーパーをあてて細いドライバーで拭いてみた。確かに何か所かひっかかる感触があった。しかし、10回以上拭き取ってもひっかかりは消えることはなかった。40年のレールには、半端ではない何かがあるのかもしれない。

とりあえず拭き取り清掃のあと、カーテンレール内部にシリコングリスをスプレーしなおし、カーテンレール表面のタイヤの接触面のシリコングリスを拭き取り、ランナーを左右によく移動してシリコングリスをランナーになじませたところ、これまでひっかかっていた、カーテンレールの中央部分は突破するようになった。

しかし、そのあとの後半1/4で空転していた。そこも清掃したのだが ... 。

Iotというけれど、結局は機械の保守がたいへんなのだった。

幅1間 (180cm)の窓のカーテン2枚を1台のmorninで動かしているのもあるのだが、次は別の機材にしたい。もしあればの話だが ... 。

しかし、カーテンレールの保守をするよりも朝の太陽光に相当するようなLEDライトをつけるほうがどう見ても確実。窓がないか、朝に日が差さない家も多いだろうな、いまどきは。

あめのちくもり
Morninカテゴリ 1/1