新しい銭湯の姿を紹介する「東京銭湯」と、風呂なし物件専門サイト「東京ふ動産」。 ざっと半分以上が20 ㎡未満で、ギリギリ感が高い。