1億円のルーターを200万円のPCで実現、NTTコム製ソフト「Kamuee」の正体

Poptrieでは、検索アルゴリズムの改良により処理を高速化している。また、処理に必要なデータを大幅に圧縮したのもポイントだ。バイナリツリー(2分木)と呼ばれるデータ構造を利用する従来の方式では、IPv4のフルルート(すべての経路)である約70万経路を処理するのに100Mバイト程度のデータが必要だった。

これに対し、Poptrieでは3Mバイト程度のデータしか必要ない。最近のCPUは16Mバイト以上の3次(L3)キャッシュを搭載するのが一般的なため、3Mバイトのデータならすべてキャッシュに収まる。つまり、キャッシュへのアクセスだけで高速に処理できる。

poptrieで検索すると発表資料や論文、コードもある。Interop Tokyo 2018 ShowNet発表のお知らせ (NTTCOM)。

CPUキャッシュがでかくなり、CPUコアも増えたことが実現の背景にある。しかし、小さくできたのは重要だった。ノーベル何賞?