白いLivaにWindows 10を入れてみた。

Windows 10のインストールでは、1回目の再起動後、コンピュータメーカーの起動時ロゴの部分が消えずに表示されたまま、画面下の部分にWindowsをインストール中のメッセージが表示されるようになっていて、よい。

以下のプライバシ設定はGoogleのサービスやChromeには見たことがないが、Windows 10にはCustom設定で表示されて無効化設定できるようになっていて、よい:

Share info with Microsoft and other services

  • Use Bing to get search suggestions and web results in Windows Search, and let Microsoft use my search history, location, and some account info to personalize my experiences: ON / OFF
  • In Internet Explorer, use page prediction to preload pages, which sends my browsing history to Microsoft: ON / OFF
  • Let apps use my name and account picture: ON / OFF
  • Let apps use my advertising ID for experiences across apps: ON / OFF
  • Let Windows and apps request my location from the Windows Location Platform: ON / OFF
  • Get better protection from malware by sending info and files to Microsoft Active Protection Service when Windows Defender is turned on: ON / OFF

ただし、本当に無効にされているかどうかは別。このほかに勝手に送っている情報があるかどうかもわからない。

「モダンブラウザは、裏でこういう情報を別のサイトに送っている」というのは、学校の授業で子供に教えてほしいなぁ。で、どういうふうに使おうとしているか、規約を読む、と。子供にわかれば御の字。先生がわかればセーフ。

で、LivaのEthernetインタフェースは、Windows 10 Tech Previewでは動かなかった。ドライバがない感じ。